個人事業でもクラウドファンディングで支援を受けよう

資金調達の方法として仕組みを知ろう

クラウドファンディングは事業をしたい人と事業に対して支援をしたい人とをインターネット上でマッチングするためのサービスです。基本的には事業者がどのようなプロジェクトを展開していくかを計画して案を作り上げ、その内容を見て一般の人がお金を出すかどうかを判断する仕組みになっています。このやり取りが事業者と一般の人との間で直接おこなわれるのではなく、運営会社によって橋渡しされているのが特徴です。クラウドサービスとして提供されていて、審査を受けて合格した事業者のプロジェクトがクラウドサーバー上に掲載されていき、一般の人はその内容を見てお金を出すかどうか、いくら出すかを決める仕組みになっています。そして、プロジェクトを遂行する上で必要な資金として提示した見学が満額になったら取引が成立し、運営会社を経由して資金を調達できるというのが基本的な仕組みです。

資金調達のやり方にも三つの形式がある

クラウドファンディングによる資金調達は三つの形式があります。寄付型、購入型、融資型の三つから資金の募集をかける時点でどの形式にするかを選ぶことになり、それによって資金調達ができるどうかが大きく左右されるのが特徴です。寄付型は基本的には集められたお金が手元に入り、金品による返礼が必要ないのが特色です。社会問題の解決などを目指すプロジェクトでよく選ばれているもので、社会のためにお金を出したいという人から支援を受けられます。購入型は返礼品として商品やサービスというのが特徴です。個人事業でよく用いられている方法で、プロジェクトの成功に基づいて生まれた商品、サービスを割安で提供する、試供品で渡すといった形で資金提供のお礼をする形にすることができます。融資型は支援者への返礼がお金になるのが特徴で、配当金などを渡すことになります。金融機関などからお金を借りるのとほとんど同じような仕組みですが、一般の人から借りられるので金融機関とは違う視点で魅力を感じた人から資金を獲得できます。

どのくらいの資金調達ができるのか

クラウドファンディングでは会社だけでなく個人事業でも資金調達が可能ですが、どのくらいの金額なら得られるのかというのが気にかかるでしょう。プロジェクトの内容に応じて異なるものの、一般的には数百万円から数千万円です。ただ、億単位での募集に成功している事例もあるため、個人でも大きな資金を調達できる可能性を秘めています。プロジェクトの内容の充実や必要費用の明確化をすることにより調達できる金額も高くすることが可能です。

記事を共有する