個人がクラウドファンディングの税金対策を適切に行うには

多くの人に支持されている資金集めのサイトを使おう

個人がクラウドファンディングの募集を始めるにあたり、将来的に税金に関するトラブルにきちんと対処をするには、早い時期から多くの人に支持されている資金集めの専門のサイトの特徴を調べることが大切です。最近では、資金集めに成功した人が税務処理がスムーズに行えるように様々な形でサポートしてくれるサイトの数も増えているため、じっくりと使い勝手が良いサイトを見極めることがおすすめです。また、資金集めを始めるタイミングについて悩んでいることがあれば、個人事業主や小規模の法人から高く評価されているサイトの特徴を確認したり、成功者の体験談を参考にしたりすることが有効です。なお、納税が必要となる時期について分からないことがあれば、近隣の税務署などで担当者に質問をすることが大事です。

ネット上の資金集めに詳しい税理士に相談をしてみよう

ネット上でクラウドファンディングを順調に進めるためには、日ごろから資金集めに詳しい税理士に相談をして、適切な税務申告のポイントを押さえる必要があります。また、一人の税理士と顧問契約を結んだり、定期的にアドバイスを受けたりしたい場合には、各地で長年にわたり事業を展開している税理士事務所の実績についてきちんと把握することがおすすめです。一般的に、一千万円を超える高額な資金をクラウドファンディングを通じて集めたい場合には、高額な納税額が発生するケースが少なくないため、いざという時に備えてベテランの税理士が在籍している事務所を探しておくと良いでしょう。その他、税理士の経験や考え方によって、納税の流れが異なることもあるため、長く付き合える税理士を見極めることが肝心です。

実際に資金集めを成功させた人にアドバイスを聞こう

クラウドファンディングの税金に関する問題の発生を防ぐには、実際に過去に資金集めを成功させた人にアドバイスを聞いて、必要な書類の集め方や書き方などをマスターしておくのがおすすめです。また、身近なところにネット上で資金集めをしている人がいない場合には、各地で開催されている個人事業主をターゲットとした起業セミナーなどに足を運んだり、様々な分野のコンサルタントに相談をしたりするのも良いでしょう。なお、税金の滞納や申告漏れなどのリスクに備えるにあたっては、自治体が主催する税務相談会などの公的なイベントに顔を出すという方法もあります。

記事を共有する