労働者管理にとどまらない新しい管理システム

calendar

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

menu

2017年07月25日
給与計算も一括管理を更新しました。
2017年07月25日
労働者管理にとどまらない新しい管理システムを更新しました。
2017年07月25日
求人者の情報を管理するにはソフトを有効活用を更新しました。
2017年07月25日
ずさんな管理で思わぬ訴訟に発展を更新しました。

採用管理システムについて

採用管理システムとは採用の業務プロセスにおいて発生する様々な情報を一元管理し、業務を効率化することを狙いにしたシステムです。近年は初期費用を抑えたクラウドサービスの形式で提供されるものも増えており、中途採用向けや新卒採用向け、アルバイト採用向けなど非常に多くのサービスが登場しています。採用側にとって、優秀な人材を確保することは年々難しくなっています。
応募辞退を防ぐには採用までにかかる時間を短縮する必要があります。ですが、採用管理システムを導入すると経歴、職歴、資格、学歴などの項目のスクーニングを自動化できたり、メールも自動送信できるシステムであれば、良い応募者にはすぐに面接打診を行えます。また、採用担当者の人材的コストを削減できたり、広告費や人材紹介のコストも削減できます。
さらに、現在の採用選考の進行状況や応募ルート別の内定状況、応募者の経歴別の状況など様々な角度から採用について分析が可能になります。企業にとって優秀な人材の確保はどうしても急務になってしまいます。しかし、採用業務にかかる時間が増えるあまり、面接など人の見極めに時間を割くことができなくなっでは意味がありません。採用管理システムをうまく活用して優秀な人材を見つけてみてください。

採用管理としてのタレントマネジメント

採用管理には、採用活動や雇用契約、労務管理がありますが、さらに近年では「才能管理(タレントマネジメント)」と呼ばれる考え方も生まれています。タレントマネジメントで共通するのは、人材のデータベースの構築や管理です。従業員の基本的な情報に加えて、スキル(技術)や経験など個人の情報を登録します。また、それに加えて、会社は独自にデータを追加します。現在、利用が多いのは「後継者管理」「目標や成績の管理」「学習管理」です。
後継者管理は、幹部の後継者としてふさわしい人材を選んだり、幹部の育成計画を立てることです。人材の流動性が高い欧米などの企業では重要ポストが空席にならないようにするために、後継者管理は欠かせないのです。目標や成績の管理は、人材評価の指標や実績を管理することです。様々な指標を設定でき、経営陣に結果を分かりやすく明示することです。
もう一つの学習管理は、個々の人材への教育実績を管理することです。今後、企業のニーズが高まりそうなマネジメントが、「要員計画」と「報酬管理」です。要員計画は、今後数年間の業種ごとの人件費と会社の収益などをベースに、要員の採用計画を立てることです。報酬管理は従業員に対して、成果指標に基づいて報酬の配分をシミュレーション(模擬実験)することです。こうして、経営者は経営に、人事担当者は採用や制度づくりに集中できるようになります。

headline

給与計算も一括管理

採用管理のペーパレス化 採用管理は、人材の採用だけでなく、採用後の労務管理も大きな柱です。たとえば、入社が決定した内定者のデータを入力し管理する入社手続きや社会保険(健康保険、厚生年金、介護保険、雇用保険)の書類を作成すること。また、従業員の入退社や従業員に扶養家族が生じた場合のデ…

read more

労働者管理にとどまらない新しい管理システム

採用管理システムについて 採用管理システムとは採用の業務プロセスにおいて発生する様々な情報を一元管理し、業務を効率化することを狙いにしたシステムです。近年は初期費用を抑えたクラウドサービスの形式で提供されるものも増えており、中途採用向けや新卒採用向け、アルバイト採用向けなど非常に多…

read more

求人者の情報を管理するにはソフトを有効活用

採用管理システムを導入するメリットとは 最近は採用管理システムを利用する会社や企業が増えています。採用管理システムとは、今までエクセルや手書きで管理していた採用の情報などを、一元化してまとめることができるシステムです。新卒用、中途採用用、アルバイトやパート用など、働き方によってシス…

read more

ずさんな管理で思わぬ訴訟に発展

労務管理を怠ると刑事責任も ある社会保険労務士は「長時間労働を美徳とする企業風土は日本には依然根強いが、経営者は従業員の働き方を是正しなければ刑事責任を負わなければならないと覚悟すべきだ」と強く主張しています。たとえば、大手広告代理店が従業員に労働基準法に反する違法残業(違法な時間…

read more

Copyright(C)2017 採用管理でお悩みの方必読 All Rights Reserved.